【60周年記念】スカイラインに期間限定の特別仕様車『60th Limited』が出ましたよ!

スカイラインから60周年モデルの期間限定で特別仕様車が発売になります。歴史のある車ですね。私も18年スカイラインGT-Rを所有していたスカジーマニアとして、スカイライン博物館に毎年通っていた頃が懐かしいです。スカイラインのグッズも未だにコレクションしている管理人としては何だか嬉しいです。今のモデルで13代目のスカイラインですか。素晴らしいですね。ちなみにプレスリリースにベイサイドブルー的なことを書いていますが、スカイラインR34のカタログページの画像の様にR34のベイサイドブルーはもっとキレイな色だよ!

それでは日産のプレスリリースになります。

「スカイライン」の期間限定特別仕様車「60th Limited」を発売

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:カルロス ゴーン)は7日、「スカイライン」の誕生60周年を記念した特別仕様車「60th Limited」を発売、併せて一部仕様を向上し、同日より全国一斉に発売すると発表しました。
初代スカイラインは、1957年4月24日、グランドツーリングの歓びを、高い次元で体験できるクルマとして誕生しました。以来、その価値は、それぞれの時代の、最先端の技術を搭載した13代にわたる歴代のスカイラインによって、常に新しい世代へと受け継がれてきました。そして、来春2017年4月に誕生60周年を迎えます。

161107-02-01-source

13代目の「スカイライン」は、「ダイレクトアダプティブステアリング」や最先端の安全装備である「全方位運転支援システム」に代表される数々の先進技術やダイナミックかつエレガントなデザインなどがお客さまから好評を得ています。

今回発売する「60th Limited」は、「350GT HYBRID Type SP」、「350GT FOUR HYBRID Type SP」、「200GT-t Type SP」をベースとし、より上質な室内空間を実現するアイテムを標準装備しました。

従来よりも柔らかな本革にセミアニリン加工を施した高級本革シートを全席に採用するとともに、前席についてはホールド性が高いスポーツシート形状を採用しました。また、内装のトリムに木目の風合いをそのまま生かす塗装仕上げを用いたオープンポアウッドを採用し高級感を演出しています。

161107-02-02-1200x776

なお本モデルは、2017年9月末日受注分までの期間限定販売となります。

また、今回の一部仕様向上では、国産車初となる「BOSE® Performance Seriesサウンドシステム」(オプション設定)を採用いたしました。左右のリアドアに新規でツイーターを設定し16スピーカーとしました。更に、フロントドアのツイーターを刷新するともに、フロントドアのスピーカーグリルをより薄く、洗練されたデザインにするとともに、音響特性がよいメタル素材を採用し、上質で豊かな音響空間を実現しました。

161107-02-03-1200x708

ボディカラーにおいては、過去のスカイラインで採用したヘリテージカラー*1を受け継いだ特別な車体色である「オーロラフレアブルーパール(2P)」を追加。合計9色*2のボディカラーよりお選びいただくことができます。

161107-02-04-1200x707

なお、11月8日より日産グローバル本社ギャラリーにてスカイライン特別仕様車「60th Limited」の特別展示を実施いたします。「いつの時代も最先端のテクノロジーに挑み続けた、その走りの進化の軌跡」を綴った、歴代スカイラインのパネル展示に加え、第一弾のヘリテージカーの展示として初代スカイラインを展示いたします。

161107-02-05-1200x707

駆動 エンジン グレード ミッション 価格
2WD VQ35HR – HM34
(HYBRID)
350GT HYBRID Type SP
60th Limited
7M-AT 5,810,400
4WD 350GT FOUR HYBRID Type SP
60th Limited
6,091,200
2WD 274A
(2L ターボ)
200GT-t Type SP
60th Limited
7M-ATx 4,963,680

*1: スカイラインGT-R Vスペック R34(1999年)のボディカラー「ベイサイドブルー」
*2: ガーネットブラック(P)はメテオフレークブラックパール(2P)に変更となります。

以上がプレスリリースになります。

スカイラインの買取に強い一括査定サイト

フォローする